すい臓MRIがん健診

すい臓がんは、2015年以降に新たにがんと診断される数の順位からすると、男女合わせた数では7位の病気です。ですが、死亡数は肺がん、大腸がん、胃がんに次いで4番目の多さとなっています。すい臓がんと診断された方の人数と死亡数に、大きな順位の違いがあります。その理由の一つとして、多くの場合発見された時には全身への転移があるなど、かなり進行した状態である事が大きな要因ではないかと考えられています。
すい臓がんは一般に初期の自覚症状が乏しく、症状があったとしても、すい臓がんを推測させるような特徴的なものはほとんどありません。すい臓がんの早期発見の手段の一つとして、定期健康診断での腹部超音波検査がありますが、腹部超音波検査ですい臓がんを早期発見できる可能性は低いというデータもあります。

すい臓MRI検査

最近になり、MRI装置の高性能化が進んだことと、拡散強調画像(水分子の組織内での動きを画像化したもの)が悪性腫瘍の検出に非常に良いということから、全身のがんの検出にMRIが使用されるようになってきています。
当院では、MRIの拡散強調画像と、がんの早期発見が可能と言われているマイクロRNAという遺伝子検査(ミアテスト)を併用して、早期のすい臓がんの検出率を上げています。

注意点

MRI検査の欠点として、身体に金属を埋め込む手術をされた方や、刺青が入っている方、閉所恐怖症の方はご受診いただけない場合があります。
ミアテストは遺伝子検査の為、受診者様の同意が必要となりますので、事前に問診票及び同意書の記入が必要になります。

健診内容

健診内容 料金
身体計測 身長、体重 100,000円
採血検査 基本項目検査、すい臓がん腫瘍マーカー、すい臓ミアテスト
MRI検査 すい臓MRI検査
診察(希望される方) 診察
その他 食事

担当医師

上田(うえた) 徹 医師